プロミス

消費者金融の利益構造

消費者金融の利益構造

消費者金融の利益は利息収入です。お金を貸すことによって利息を受け取ると言うのが消費者金融の主な利益ですから、金利は高いほうが利益は大きくなります。貸し出すための資金は銀行などから借りてくることになります。最近では多くの消費者金融が大手の銀行の子会社になっていますから、親会社から資金調達をして貸付を行うのが一般的です。親会社であっても、資金を借りれば利息を支払わなければなりませんから、市場全体の金利が上昇すると、消費者金融は資金調達コストが高くなりますから、借りるときの金利も上昇するという傾向があります。最近の市場の金利は非常に低いですから、低金利で借りることができています。

 

消費者金融は、確実に返済してくれる人に対しては積極的に融資を行います。積極的に利用してもらうために、有利な条件を設定します。そのために、金利は低く設定されるのです。金利を低くしてでも安全に貸し出しを行いたいという方針を採っていることが多いのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ